「単為結果」がナスで起こる仕組みを解明。

受粉しなくても果実が大きくなる「単為結果」という現象がナスで起こる仕組みを、農研機構とタキイ種苗の研究グループが解明、特許登録され、アメリカの科学誌「米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America、略称PNAS)」に掲載された。

植物には、受粉しなくても果実が大きくなる単為結果性という性質を持つものがある。これまでに単為結果性を持つ果菜類はいくつか見つかっているが、そのメカニズムは解明されていなかった。
ナスやトマトなどの果菜類では、夏の高温や冬の日照不足などで受粉や果実の肥大が妨げられることがある。それを防ぐために栽培時に着果促進剤を使用するが、単為結果のメカニズムが利用できれば、栽培の省力化や生産安定化に貢献することができる。
単為結果をするナスと、しないナスを調べると、単為結果するナスでは果実を肥大させる働きを持つ植物ホルモン「オーキシン」の増加を抑えるタンパク質が変異し機能を失っていることが判明。このため、受粉していなくても果実が肥大することが分かった。
このメカニズムはトマトやピーマンにも存在するため、今後の応用が期待される。

参考リンク:タキイ種苗