タバコ由来の天然物資で、重要害虫であるミカンキイロアザミウマやナミハダニなどによる被害を抑える

トマトなどに付くミカンキイロアザミウマやナミハダニなどの害虫の防除には、現在、主に殺虫剤が利用されている。しかし、単一の殺虫剤を使用し続けると、薬剤抵抗性害虫が出現することが問題となっている。
5月上旬、農研機構の生物機能利用研究部門は、タバコ由来の天然物質「ロリオライド」が、植物の害虫抵抗性を高めることによって被害を抑えることを発見した。直接的な殺虫効果はないが、防除剤として使用した場合、害虫の薬剤抵抗性が生じにくくするという。
植物が本来有する害虫抵抗性を高めて被害を抑えるプラントアクティベーターは、まだ国内では実用化されていない。
農研機構では今後、薬剤抵抗性が出にくい害虫防除剤の開発に向け、農薬メーカー等の民間企業との連携を目指す。