野生のハチに対する農薬のリスク評価の実施。 農薬登録基準の設定にかかる手続きを進行。

環境省の中央環境審議会は、ミツバチの減少の背景に農薬の影響が指摘されることを受け、農薬の安全性を審査する際に野生のハチへのリスクに関しても確認する方針を固めた。

イネなどの害虫カメムシの防除目的で1990年代から広く使用されているネオニコチノイド系農薬は、ミツバチの大量死や蜂群崩壊症候群などの主原因と疑われている。2013年には3種類のネオニコチノイド系農薬について、ミツバチに被害が出る可能性があるとして、EUでは使用の一部を暫定的に制限することを決定している。
農林水産省は2020年4月施行の改正農薬取締法で、農薬の動植物に対する影響評価の対象を水産動植物から生活環境動植物に拡大。飼育用ミツバチを追加するとともに、野生のハチも評価対象動植物に加えることが妥当であるとの答申を発表。農薬の製造・販売にあたっての審査の際に、ニホンミツバチなど野生のハチへのリスクについても確認する方針。
野生のハチを対象とした試験方法は確立していないため、当面は養蜂用のセイヨウミツバチを使った試験結果から推計するが、今後基準値を設定するとしている。

参考リンク:中央環境審議会